トップページへ戻るサイトマッププライバシーポリシーご利用規約お問い合わせ

愛知ライフセービングクラブ

 

ホーム  > アドバンス・サーフライフセービング講習会のご案内
 


2019年度の受付は終了しました


≪目的≫
アドバンス・サーフライフセービング講習会は、海浜で監視・救助・救護等の活動を経験した者が、周囲の安全を確保し、事故防止や水難事故に対して適切に対応できる、より専門的で実践的な幅広い知識と技能を身につけた者を養成する。

≪主催≫
公益財団法人 日本ライフセービング協会

≪共催≫
特定非営利活動法人 愛知県ライフセービング協会

≪主管≫
愛知ライフセービングクラブ (日本ライフセービング協会 第1種登録クラブ)

≪受講条件≫
下記(1)・(2)・(3)の全てを満たす方
(1)年齢:16歳以上
(2)泳力:50m/35秒以内、800m/14分以内、潜行/25m以上、立泳/10分以上
(3)資格:日本ライフセービング協会認定 ウォーターセーフティ資格およびBLS資格およびベーシック・サーフライフセーバー資格を取得している方 (有効期限内)
※ (3)を満たしていない方は、あらかじめ本講習を受講する前にそれぞれの講習会に参加して資格を取得してください。
(4)経験:ベーシック・サーフライフセーバー取得後、海浜で監視・救助・救護等の活動を経験していること。

≪日程・会場・時間≫
日程一覧 会場 時間 受付締切日
2019年9月28日(土),29(日),
10月5日(土),6日(日)
内海海岸・千鳥ヶ浜海水浴場
(愛知県知多郡南知多町)
9:00〜17:00 × 4日間 計28時間
※自然・気象状況により、変更になる場合がございます。
※受付終了
※都合により日程や会場が変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。

≪会場詳細≫
各アイコンをクリックすると、会場・最寄り駅等の詳細を閲覧できます。

≪受講料≫
¥27,500 (初年度登録費・教材費・保険費を含む)

≪資格期間≫ 
認定日の翌年度から3年間

≪定員≫
30人

≪講習内容≫
サーフライフセービング概論、ライフセーバーの心がけ、サーフスキルとトレーニング、海の知識、サーフパトロール(シミュレーション含む)、サーフレスキュー、応急手当、熟練救助者が実施するBLS、他

≪検定試験と合否≫
講習の最後に学科・実技の検定試験を行います。
合格発表は、日本ライフセービング協会登録システム「LIFESAVERS」内にて、認定日以後に発表されます。

≪取得資格≫
検定に合格しますと、「アドバンス・サーフライフセーバー資格」が取得できます。


お申し込みは、日本ライフセービング協会登録システム「LIFESAVERS」にて受付をいたします。 お申し込みはこちら



その他のお問い合わせはお問い合わせフォームからご連絡ください。
 
space
Copyright(C) Aichi Lifesaving Association.. All right reserved.