トップページへ戻るサイトマッププライバシーポリシーご利用規約お問い合わせ

愛知ライフセービングクラブ

 

ホーム  > 概要・沿革
 

名 称:



愛知ライフセービングクラブ
特定非営利活動法人 愛知県ライフセービング協会


設 立:


1998年4月


拠 点:






愛知県内の海水浴場 6ヶ所
・新舞子マリンパーク(知多市緑浜町)
・内海海水浴場(知多郡南知多町)
・伊良湖海水浴場(田原市渥美町)
・仁崎海水浴場(田原市仁崎町)
・白谷海水浴場(田原市磯白)
・太平洋ロングビーチ(田原市赤羽根町)


事務局:


愛知県常滑市


会 員:


約70名(2008年9月現在) 10歳代〜50歳代


趣 旨:



このクラブは、愛知県内の海水浴場・トライアスロン大会等の安全指導、監視、人命救助を通じ、ライフセービング活動の普及を図るとともに、ビーチクリーン活動による地域社会への貢献や、ジュニアライフセーバー教室開催などによる、青少年の健全な育成及び水難事故防止を目的としています。


活 動:











●パトロール事業
  愛知県内の海水浴場 6ヶ所において安全指導、監視、人命救助活動。
  各トライアスロン大会でのガード監視、人命救助活動。

●ジュニアライフセーバー教室の開催
  子ども会員や、地域の子どもたちに、海を通じて安全指導や、健全な青少年の育成、生命教育の実践。

●ビーチクリーン活動の開催
  自然環境保全への取り組みや、地域社会への貢献。


役 員:


理 事 長

監    事

理    事

クラブ代表

新舞子 
パトロール
ディレクター

内海
パトロール
ディレクター

田原地区
パトロール
ディレクター


鈴木雄三

戸田晴久

鈴木雄三・大谷淳・向井裕一・川合正人・石黒宏樹・水川雅司・小木曽誠

水川雅司

鈴木雄三



大谷淳



石黒宏樹・小木曽誠





1998年4月


愛知ライフセービングクラブが愛知労済40周年記念記念事業の一環として発足


1998年6月


第一回ライフセーバー養成講習会を開催(受講者30名)


1998年7月


内海海水浴場(南知多町)でのボランティアでの監視活動を開始


1999年7月


新舞子ブルーサンビーチでのライフガード活動を開始


2001年7月


赤羽根町(現:田原市)ロングビーチでの監視活動を開始


2002年7月


渥美町(現:田原市)伊良湖海水浴場での監視活動を開始


2004年7月


田原市誕生に伴い同市内の仁崎、白谷海水浴場での監視活動を開始


2005年5月


特定非営利活動法人「愛知県ライフセービング協会」として法人化


2008年2月


事務局を愛知県常滑市に置く




space
Copyright(C) Aichi Lifesaving Association.. All right reserved.